30C×60P

水草の美しさに駆り立てられ、再び。

15. 30Cリセット前夜

 

f:id:rotarakusano:20130223123334j:plain

ブランチウッド「30Cで凸型構図にどや?」

 

こんばんわ、結局更新期間が空いてしまったロターラ草野です。

↑のブランチウッドをボノさんで見つけて、「おし、リセットしよう。」と急に思い立ちました。

 

せっかくなので記念に残しておこうと、リセット前に撮影しました。

器具も全て外し、本格的に撮ろうと頑張ったのですが、水景の撮影というのは本当に難しいですね(´・_・`)

三脚すらないので厳しい(笑)

魚の位置を気にする余裕なんてありませんでした・・・。

 

f:id:rotarakusano:20130221013914j:plain

 

 

 

f:id:rotarakusano:20130225002357p:plain

 

■撮影に関しての失敗

 ・映り込みが酷い

 ・遮光?に使った黒の画用紙が水面に浸かってる(これは酷すぎる)

 ・ガラス面のコケもう少し落とそうよ

 ・龍王石のコケももう少し落とそうよ

 ・三脚買おうよ

 

■30C石組みキューバパールグラス単植レイアウトについて思うところ

このレイアウトはADAやNA、水草水槽という世界に出会ってから5ヶ月程経った頃に立ち上げたものです。

良かった点としては、一応それなりに水草も育って、それなりに石組みレイアウトっぽくなったということ。

石を仕切り的に組んで、盛り土が維持できたということも良かったです。

正直キューバパールグラスもこれからどんどん厚みがでてきてイイ感じになっていくところだと思うので、ちょっともったいない気もしました。

 

f:id:rotarakusano:20130218023414j:plain

 

 

反省点としては、どうしても許せないのが前面ソイルの厚さ。

→前回のソイルだすのめんどくせー、このままでいいや

→石組みシミュレーションする為に濡れていてはやりにくいので、ソイル足す

→レイアウト、植栽、注水、全てが終わった後に「前面のソイル厚っ!」と気づく

 

盛り土ばっか意識して、前面のソイルの厚さにまで気が回りませんでした。

前回使用したソイルの上にソイルをたせば厚くなるのは当然です、アホです。

しかしこの失敗から学び、ソイルの厚さはかなり気にするようになりました(笑)

ショップのレイアウト水槽を見る時も、ソイルの厚さ凝視してますw

 

あとは30Cでキューバパール単植で草原っぽい水景を目指すのは違ったかな?ということ。

どうしても当然ですが30Cって四角いので、中々サマにならない気がします。

いや30Cに限らず、小型水槽で草原系が難しいのかな?

いずれにせよ30Cで石組みなら三尊で組んで、前景草単植ではなく、ブリクサやシペルス等植えた方がしっくりくるのではないかと感じました。

 

f:id:rotarakusano:20130218021845j:plain

 

振り返ると色々と失敗だらけでしたが、でもまあこうやってどんどん学んでいくということですね!次に活かそう!

 

次回は、もうリセット済みですので

リセットからレイアウト完成までを記事にしたいと思います~それでは(・∀・)

 

ポチっとして頂けたら嬉しいです↓

 

水草ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

 

広告を非表示にする