30C×60P

水草の美しさに駆り立てられ、再び。

天王寺動物園 1

 

f:id:rotarakusano:20140330010358j:plain

3/25に天王寺動物園に行ってきました。あいにくのボヤけた天気。

バックのビルは、噂のハルカスですよ。

動物園撮影の基本を頭に叩き込んで挑みました。

 

 

f:id:rotarakusano:20140330001218j:plain

 

 

f:id:rotarakusano:20140330004132j:plain

 

 

f:id:rotarakusano:20140330005232j:plain

 

 

f:id:rotarakusano:20140330010206j:plain

なるほど、金網は撮り方次第で消せる。

 

 

f:id:rotarakusano:20140330002752j:plain

金網と被写体の距離間によってはどう撮っても消えない場合もある。

でもそれはそれで有りっちゃ有りなのかもしれない。

 

 

f:id:rotarakusano:20140330004117j:plain

網よりガラスが厄介。

アクアやっている方なら、ガラス越しの写真の難しさはいつも体験してますよね。

光の射し方で↑みたいなボヤっとした写真になる。

 

 

f:id:rotarakusano:20140330004101j:plain

そもそもガラス面が汚れていたら詰んでますもんね。

 

 

f:id:rotarakusano:20140330002722j:plain

動物園は背景の処理が大事、しかし被写体と背景の距離が近いとどうにもならない。

 

 

f:id:rotarakusano:20140330005341j:plain

こちらも同じく背景が近くボケないので、せっかくの良い表情がごちゃごちゃとしたやかましい写真になった。

 

 

f:id:rotarakusano:20140330002736j:plain

 ジャガー肉球

背景が遠いのでボケる

しかし動物の種類や展示方法によっては、テレ端・絞り開放が基本となったりするので、ピント合わせが非常にシビア。

難しいですなぁー、続きます。

 

 

広告を非表示にする